TAKEDA AYURI official site

お金持ちに「貯蓄好き」がいない理由 貯めるだけでは減る一方?

 
  2018/10/22
TAKEDA AYURI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
TAKEDA AYURI
起業コンサルタント・1989年生まれ・秋田県出身 結婚式場に勤務。2014年に独立を決め、フリーランスとして活動。そこから、年収2千万以上の講師陣とともに、投資スクールを運営・サポートも始める。 女性らしく自分らしく、幸せと豊かさを手に入れられる自由な働き方や生き方を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは。

武田あゆりです。

 

 

 

お金持ちになるための重要なキーワードのひとつに

「投資」というものがあります。

これと正反対のキーワードは「貯蓄」

 

 

「投資」とは、より大きなお金を生み出すための支出

 

お金持ちになった人のほとんどが、

何らかの形で投資を行い、

自身の資産を何倍、

そしては何十倍にも増やしているんです。

 

 

でも、コツコツと貯蓄することを否定しているわけではなくて

貯蓄はお金持ちになるための重要な第1ステップなんです!

 

なぜなら、投資をするためには、

まとまった額の資金が必要だから。

 

つまり「貯蓄」は

「投資」をしてお金持ちになるための、

軍資金。

 

投資というと、

多くの人は株や不動産を思い浮かべるかもしれません。

 

確かに株や不動産も投資のひとつですが、

投資はこれだけではないのです。

 

会社を設立するということは、

自分が作った会社への投資にほかならないし、

お金持ちになるためのスキルを磨くための支出は

自分への投資なんです。

 

より大きなお金を生み出すための支出はすべて投資であり、

お金持ちになるためには、

投資の継続が何よりも欠かせません。

 

 

お金持ちに「貯蓄好き」はいない

 

私はお金儲けとはすべて投資であるという原理を

かなり後になって知りました…

 

もし最初からこのことを知っていれば、

私の行動はもっとムダのないものだったんじゃないかな;

 

逆に言えば、

この言葉の意味を行動する前に知ることができた

このブログを読んでる方々は、

 

ラッキーかもしれないです!!!

 

 

この仕組みを理解することができれば、

お金持ちへの道のりをかなり短縮することができるから。

 

 

そして、これとは正反対が貯蓄なのです。

 

日本人は基本的に貯蓄好き。

でもお金持ちになった人で、

いわゆる貯蓄好きという人はまずいないですよね!

 

 

理由は簡単。

ただ貯蓄ばかりしていては、

小さなお金を作ることはできても、

より大きなお金を作ることができないから。

 

多くの人にとって、

お金持ちと呼べるような大金ということになると、

やはり1億円からかな?

 

よく考えてみてください。

 

コツコツと貯金しただけでは、

1億円を貯めるのは現実的にはほぼ不可能なのです!!

 

仮にあなたの年収が600万円だったと仮定します。

日本の平均年収は450万円くらいだから、

年収600万円の人はちょっとリッチな部類ですね。

でも、独身で仙人のような暮らしをするのならともかく、

年収600万円の人が、

毎年300万円も400万円も貯金するのはかなり難しいです。

 

そうなってくると現実的な貯金の額は、

がんばっても年間100万円くらいに…

わざわざ計算する必要ないのことがわかったと思うのだけど、

年間100万円の貯金で1億円を作るためには、

100年という気の遠くなるような時間が必要になりますよね!!

 

 

「いや、私は年収1000万円ある」という人もいますが、

人間とは贅沢好きなもので、

年収が上がっていくと、

それにつれて支出も上がっていくものなんです。

 

年収1000万円の人と年収500万円の人で、

年間の貯蓄額が大して変わらなかったというのはよくある話。

 

 

 

年収が1000万円あったとしても、

それなりに支出してしまうと、

年間200万円程度しか貯蓄できないですよね。

でも、200万円を貯蓄したとしても、

1億円を貯めるには50年…

 

 

現実的な期間ではないですよね!

 

 

 

無目的の貯蓄には、さらに怖い現実も待ち受けているんです。

それはインフレ!!!

 

お金はただ持っているだけでは増えないどころか減っていくの。

より大きなお金を作るための投資を続けていかないと、

この経済原則に負けてしまうんです。

 

 

投資によって大きな資産を作ろうと思っている人にとって、

まとまったお金というものは、

より大きなお金を動かすための原資。

 

 

資本金1000万円の会社は、

1000万円のお金を動かしているわけではないのです。

 

資本金が1000万円でも売上高が10億円あれば、

10億円のお金を1年間に動かしています。

 

そしてその会社が10億円で売れれば、

所有者の手元には10億円が入るの。

最初の1000万円は10億円を動かすための軍資金になってる。

 

貯蓄をすることがあっても、

それは軍資金として必要な額が貯まるまでのお話。

最終的には投資という形で支出することが大前提ですね。

 

 

では、また*

 

 

★゜・*:.。. .。.:*・゜★゜・*:.。. .。.:*・゜★゜・*:.。

〜地味OLから卒業✨普通な私でも、ゆったリッチな毎日に♡〜
仕事も人生も上手くいく『20代から賢く始める資産運用』

【LINE@登録受付中*】
公式LINE@にて限定情報を無料で配信中*

友達追加は画像をクリック!!

LINE@ID検索→@ayuritakeda
ご登録後スタンプ1つお送りください*

★゜・*:.。. .。.:*・゜★゜・*:.。. .。.:*・゜★゜・*

この記事を書いている人 - WRITER -
TAKEDA AYURI
起業コンサルタント・1989年生まれ・秋田県出身 結婚式場に勤務。2014年に独立を決め、フリーランスとして活動。そこから、年収2千万以上の講師陣とともに、投資スクールを運営・サポートも始める。 女性らしく自分らしく、幸せと豊かさを手に入れられる自由な働き方や生き方を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 武田あゆりオフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.