TAKEDA AYURI official site

過去、上手くいかない自分だったからこそ伝えられること。

 
  2019/01/13
TAKEDA AYURI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
TAKEDA AYURI
起業コンサルタント・1989年生まれ・秋田県出身 結婚式場に勤務。2014年に独立を決め、フリーランスとして活動。そこから、年収2千万以上の講師陣とともに、投資スクールを運営・サポートも始める。 女性らしく自分らしく、幸せと豊かさを手に入れられる自由な働き方や生き方を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは。

 

武田です。

 

 

 

 

去年の末から、年始だけで

 

色々な変化がありました。

 

 

 

私の中で、

 

去年下旬、かなりの

 

モヤモヤ期だったのですね。

 

 

 

でも、心の中では

 

その原因では

 

どことなく気付いていて。

 

 

 

それを見つめ直して

 

行動におこしてみたんです。

 

 

 

 

 

 

そして、年明け。

 

「あー、ここに繋がるのか!」

 

と腑に落ちるくらい

 

自分の本来の望みが分かり

 

目の前が開けて

 

道がさーっと開けた感覚。

 

 

 

 

 

 

2019年。

 

大きく変わっていく感覚がしています。

 

 

 

私はやはり、

 

常に新しいことを開拓していくことに

 

わくわくするって気付きました。

 

 

 

「現状維持は衰退」

 

だったから。

 

 

 

 

今回決定的に違うのは、

 

”ひとりじゃない”

 

ということ。

 

 

 

 

私はいつもひとりで決めて、

 

突っ走る癖がある。

 

 

内心は超絶、心細かったし不安だったけど。

 

 

 

それでも

 

自分との約束を守りたくて。

 

 

 

というか、

 

もう自分の心に嘘はつけなくて。

 

 

 

「心細い」とか

 

「誰かに頼りたい」とか

 

そんな弱音のような発言が

 

周りにできなくって。

 

 

 

ひとりで突っ走っていた。

 

 

 

とにかく精一杯だったから

 

もしかしたら周りには

 

良く思わない人も

 

いたのかもしれないね。

 

 

 

 

でも。

 

 

 

当時のわたしにはそれが

 

最善の選択だったし

 

自分を生きるために必死で

 

その方法しか分からなかったんだよね。

 

 

ある意味自分が崩れないように、

 

守っていたんだと思います。

 

 

 

 

今は良くも悪くも

 

”自分らしく生きる”

 

以外の選択は

 

できなくなってきていて。

 

 

 

 

今のわたしが考える

 

”わたしらしく生きる”

 

とは・・・

 

 

 

 

”自分のそのときの

 

感覚を大切にすること”

 

であり、

 

”その過程を楽しむこと”

 

であり、

 

”闘うのではなく助け合うこと”

 

 

 

 

 

だから、

 

見下されたり、否定されたり

 

そんな場面に出くわしたら

 

全力で!

 

自分を守ることを許そうと思う。

 

 

 

 

2018年を通して分かったこと。

 

 

やって改善なんですね。

 

うまくいかないことだって山ほどあった。

 

 

 

でも、その後に

 

「何で上手くいかなかった?」

 

「次はどうしたら良い?」

 

こうやってPDCAを回すことが、

 

大きな視点で出来るようになってきたの。

 

 

 

 

そして今。

 

 

それらが少しづつ、結果として

 

目に見えるものになりつつあって。

 

 

 

2019年はそれを

 

伝える番だと思っている。

 

だから、私の視点だけでなくて

 

周りからの意見も取り入れてるところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4年前、当時の私は

 

「個人事業主だから、これからは

 

ひとりで何でもできないと!」

 

と意気込んでいた。

 

 

 

 

そして、PC関係

 

HP作成、デザイン、経理関係、事務関係。etc…

 

 

 

苦手なことも

 

「精神的・時間的な

 

自由を手に入れるためなら

 

このくらいやらないとっ!!」

 

って思ってた。

 

 

 

 

それはそれは、

 

バスケ部だったことからくる?

 

体育会系の勢いで。

 

 

 

エネルギーが

 

大放出されていたので

 

ある意味大きく前に

 

進めることは進めたのだけど。

 

 

 

 

心の底から

 

毎日笑っていたか?と言うと

 

そうではなかったのかもしれない。

 

 

 

むしろ1人で

 

こんなことで「くじけてらんない!」

 

って泣き言さえ言えなくなっていた。

(今思えば、結構やばい。笑)

 

 

 

 

 

 

その時代から

 

今、分かったことは。

 

 

 

 

環境があるだけで、

 

「困ってます!助けて欲しい!」

 

とSOSを言えば当たり前のように

 

助けてくれる人がいて。

 

 

 

去年の中旬あたりかな?

 

自分の張り詰めていた部分を

 

助けてくれたんです。

 

 

 

 

 

”起業家たるもの・・・”

 

という観念が自分の中に

 

濃ゆく刻まれていたようだ。

 

 

 

去年の後半まで、

 

その概念もやっぱりまだまだあったんですよね。

 

 

 

 

 

だからこそ、このままじゃ。

 

いつまで経っても

 

現状維持のまま

 

なんだ・・・。

 

って気付けたんですね。

 

 

 

 

助けられた分、自分もどんどん与えていく。

 

そうやって色々循環していくんだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

昔の自分は・・・!

 

自分をどんだけ買い被りすぎてんのっ?!

 

って話だわ!!笑

 

 

 

 

 

2019年は。

 

もっとチャレンジしていくことは変わりない。

 

 

 

でも、1人では限界があると

 

毎回気付かされて、(自分の結果から)

 

今年はビジネスパートナーと

 

一緒に高め合っていく!!

 

って決めました♡

 

 

 

 

依存は、全く別物なので

 

しっかりと自立することが前提だよー!

 

 

 

 

 

行動基準はこれくらいでね!↓

 

ではまた。

 

 

 

 

【武田あゆり公式LINE@】

気付いたら、1000名以上のご登録者様が!

嬉しいメッセージをくれる方もいて

励みになります

いつも、ありがとうございます。

LINE@では、個別の質問も受付中です*

友だち追加

(IDは@ayuritakedaで検索お願いします)

 

★゜・*:.。. .。.:*・゜★゜・*:.。. .。.:*・゜★゜・*:.。

普通な私でも

理想のライフスタイルを

手に入れる.:*・゜

あなたも、生きる世界は変えられる*

 

【LINE@登録受付中*】
公式LINE@にて限定情報を無料で配信中*

友達追加は画像をクリック!!

LINE@ID検索→@ayuritakeda
ご登録後スタンプ1つお送りください*

★゜・*:.。. .。.:*・゜★゜・*:.。. .。.:*・゜★゜・*

この記事を書いている人 - WRITER -
TAKEDA AYURI
起業コンサルタント・1989年生まれ・秋田県出身 結婚式場に勤務。2014年に独立を決め、フリーランスとして活動。そこから、年収2千万以上の講師陣とともに、投資スクールを運営・サポートも始める。 女性らしく自分らしく、幸せと豊かさを手に入れられる自由な働き方や生き方を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 武田あゆりオフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.