TAKEDA AYURI official site

年収3億の女性社長になる為に意識している【毎日の在り方】10選!

 
TAKEDA AYURI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
TAKEDA AYURI
起業コンサルタント・1989年生まれ・秋田県出身 結婚式場に勤務。2014年に独立を決め、フリーランスとして活動。そこから、年収2千万以上の講師陣とともに、投資スクールを運営・サポートも始める。 女性らしく自分らしく、幸せと豊かさを手に入れられる自由な働き方や生き方を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

 

武田です。

 

 

私には、理想の自分でいる為に

 

意識している”あり方”がある。

 

 

今全てを実行できているわけではないけれど

 

昔よりはだいぶ、意識してできるようになってきました。

 

 

私の理想のあり方を身に付ければ、

 

効率よく自分をマネジメントできます。

 

今日はその10個をあげようと思う。

 

 

 

 

 

【1】「時間がない」と言わない

 

 

時間は作り出すもの。

 

時間貧乏は心のゆとりを無くす。
(まだ無くしたままだ・・・)

 

タイムマネジメントをしっかりし、

10分でもいいから何もしない時間を作ること。

 

(いつも、早く仕事したくて、
いてもたってもいられなくなる・・・)

 

 

 

 

 

【2】”面倒臭い” を行動のサインにする

 

 

この言葉が自分から出たら、

 

すぐに行動すること。

 

 

”面倒臭い”は、

 

豊かさを遠ざける言葉ワースト3に入るフレーズ。

 

 

だって

 

進むためには、面倒臭いことの連続だから。

 

 

 

 

 

【3】あの人は◯◯(長所)があるから
と少しでも思ったら自分の長所を10個あげる

 

 

よく考えるのは

 

「あの人は学歴があるから」

 

「あの人は先に始めているから」

 

「あの人は特別だから」

 

とか。

 

 

最大のコンプレックスを持ち出して、

 

比べて、落ち込むのは、

 

Mかおバカのどっちかだ。

 

 

多分、学歴があったところで次は

 

「成績が良かったら」

 

とか

 

「コネクションがあったら」

 

なんて、

 

自分にないものを探す天才になっていただけ。

 

 

今の自分で十分価値はあると言い聞かせよう。

 

 

 

 

 

【4】自分なんて・・・と謙遜しないこと

 

 

謙遜を美徳とする人。

 

遠慮を美徳とする人。

 

良いところを褒めたときに

 

「イヤイヤイヤイヤ・・・・!!!」

 

と全力で否定する人もいるけど、

 

”そうなんだ。違うんだ”

 

とあっさり思ってしまうから

 

謙遜していたことに気づけないことも多い。

 

 

謙遜は”自分軸”とセットになって成り立つと思う。

 

 

自分軸がなければ

 

”ただの控えめな人”もしくは

 

”できない人”に見えてしまう。

 

 

 

自分軸を持つこと。

 

 

 

 

 

【5】前にやってみたけどダメだったことでも
何度もチャレンジすること。

 

 

昔の自分は最大のライバル!

 

昔できなかったことでも

 

今日の自分には

 

できるかもしれないと常に思いたい。

 

 

常に、

 

人生の転換期をこれから迎えると思うとワクワクする。

 

 

 

 

 

【6】毎日新しい自分。常に前をみる。

 

 

未来はどうなるかはわからない。

 

それは自分しか作ることができない。

 

そうであるならば今日から未来を作ればいい。

 

 

 

人生は簡単には変わらないが、

 

人生の方向性は今日からすぐ変わる。

 

 

そして方向性が変われば、

 

時の経過とともに人生を大きく変えることができる。

 

 

自分の中には、いろんな自分がいるものだ。

 

昨日の自分、今日の自分、明日の自分

 

全部違ってもいいくらい。

 

 

 

毎日新しい自分でいよう。

 

 

 

 

 

【7】欲しくないものには
1円だってお金を使わないこと

 

 

これは今年の課題。

 

お金持ちはケチである!?という事実が最近分かって

 

私も真似しようと思う。

 

 

お気に入りのもので埋め尽くすこと。

 

 

自分を心地よくするのは、自分。

 

 

 

 

 

【8】妥協した服装で出かけない

 

 

これは長年心得ていること。

 

すっぴん・変な服装・髪の乱れ・靴がおかしい。

 

 

こんな様子で出歩くことは

 

わたしにとって”d i e”を意味する。

 

 

 

 

 

【9】男の人と戦わない

 

 

男と女。役割が違うもの。

 

私がいくら男っぽいからといっても

 

やっぱり男にはなれないのだ。

 

 

だから張り合うことはしない。

 

いつだって”いい女”として見られるように

 

全てに気をつかう。

 

 

もし張り合っている人がいたら教えてあげたい。

 

 ”良い女”としてみられることは

 

”夢への近道切符”を手にするようなもの

 

だということを。

 

 

 

綺麗事はいらないのだ。

 

 

 

 

 

【10】媚びない

 

 

男にも女にも媚びることはしない。

 

男性に”いい女”と思われること=媚びること

 

と思う人がいるかもしれないけれど

 

それは全くの間違い。

 

 

気に入ってもらおうとする(媚びる)時点で

 

”良い女性のランク”が下がってしまうのだ。

 

 

気づかれないくらいの細やかな配慮や、

 

相手への尊敬の気持ちをもつだけで

 

それは目に見えないものとなって相手に伝わる。

 

 

 

だから、誰にも媚びることはしない。

 

 

成功したら周りのおかげ、失敗したら自分のせい。

 

 

・・・・・・・

 

 

ざっと10個あげてみたけど

 

思い起こせばまだまだ100個くらい

 

あるような気がしている。

 

 

 

強く美しく、それでいて繊細に生きていたい。

 

 

 

 

 

では、また。

 

 

 

 

 

【武田あゆり公式LINE@】

気付いたら、1000名以上のご登録者様が!

嬉しいメッセージをくれる方もいて

励みになります

いつも、ありがとうございます。

LINE@では、個別の質問も受付中です*

友だち追加

(IDは@ayuritakedaで検索お願いします)

 

★゜・*:.。. .。.:*・゜★゜・*:.。. .。.:*・゜★゜・*:.。

普通な私でも

理想のライフスタイルを

手に入れる.:*・゜

あなたも、生きる世界は変えられる*

【LINE@登録受付中*】
公式LINE@にて限定情報を無料で配信中*

友達追加は画像をクリック!!

LINE@ID検索→@ayuritakeda
ご登録後スタンプ1つお送りください*

★゜・*:.。. .。.:*・゜★゜・*:.。. .。.:*・゜★゜・*

この記事を書いている人 - WRITER -
TAKEDA AYURI
起業コンサルタント・1989年生まれ・秋田県出身 結婚式場に勤務。2014年に独立を決め、フリーランスとして活動。そこから、年収2千万以上の講師陣とともに、投資スクールを運営・サポートも始める。 女性らしく自分らしく、幸せと豊かさを手に入れられる自由な働き方や生き方を発信している。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 武田あゆりオフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.